ミュージカル「ニューヨークへ行きたい」

b0160730_2255633.jpg

b0160730_2255670.jpg

b0160730_2255616.jpg

楽しいミュージカルだった。
ハンブルク盤のCDを早々に仕入れて、村井さんがいっぱい歌うんだろうと、楽しみにしてました。

殊の外、ダンスも多く、歌もリプライズが多く、耳に残ります。

ドイツのポピュラー作曲家、ウド・ユルゲンスの楽曲をストーリーに仕立てて創った、マンマミアみたいな感じのミュージカルだそうです。
日本ではあまり馴染みがないけど、ペドロ&カプリシャスが歌った「別れの朝」は、ウド・ユルゲンスの作曲だそうです。


老人ホームからかけおちする、カップルに、浅丘ルリ子さん、村井国夫さん。
振り回される娘が瀬奈じゅんさん、橋本さとしさん。
あと、泉見洋平くんと、戸井勝海さんのゲイのカップルも面白かった。

長いこと、東宝でレミゼを観ていると、洋平くんと戸井さんのツーショットなんて珍しいものが観られるのね。
泉見洋平くんは、RENTのベニーから、何年経っても変わらず可愛らしい。
虹色頭のメイクアップアーティストが似合ってました。


全体に、ダンスがすごかったです。
浅丘さんとおじさまのカップルも素敵。
さとしの息子役のハジメくんが、超クールだ。

阿部さんの船長さんも、良い人オーラでほっこりしたし、武岡さんの支配人は、よく働いていました。
素敵なダンサーでした。


もう一回くらい、大阪で観たいな。
[PR]
by emi04099e | 2011-11-05 22:55 | 日記