人気ブログランキング |

演劇倶楽部「座」朗読LIVE 新美南吉童話集

b0160730_0122867.jpg

b0160730_0122884.jpg

南青山のMANDARAで、朗読LIVEを観てきました。

なんとも懐かしい話が語られ、気分は幼い日へと後戻り。
演目は「手袋を買いに」「おじいさんのランプ」「のら犬」「花の木村と盗人たち」。

壌晴彦さんのおじいさん、中山さんの巳之助、語りの秦さんもうまかった。
途中で、昔読んだ話を思い出した。
本屋のおじいさんが、ランプ売りをしていた人だったのね。

「手袋を買いに」人間の街へ行った子ぎつね、昔読み聞かせてもらった時には、ウサギとインプットされていて、でも、思い出した。
結末を忘れていたねぇ。

「のら犬」も、「花の木村…」も、実に優しい、素敵な童話です。

新美南吉は、自分的には「ごん狐」で、お話の絵を描く課題が、習っていた絵画教室であった。
結末の「ごん、おまえだったのか。いつも、栗をくれたのは。」と問いかける兵十の台詞が、悲しく、忘れられない。

優しい人や動物に出会える、素敵なLIVEでした。

やっぱり壌さんは、良い声だ〜。

中山さんも、ロミオとジュリエットのヴェローナ大公、巳之助、「のら犬」の常念坊主と、掛け持ちで、お疲れさまでした。

好い夜でした。
by emi04099e | 2011-09-28 00:12 | 日記